完璧な印刷とデジタルコミュニケーションの基盤となるソフトウェア

ケーススタディ

iSys Label - 変化が成功の鍵

2009年、iSys Label社は新しいトナーベースのラベルプリンタの発売準備を行うに当たり、壁のコンセントにプリンタのプラグを差し込むだけで、オンデマンドで、またはデスクトップから高品質なフルカラーのダイカットラベルや全面ラベルを印刷できる機能をブランドオーナーに提供することにより、価格/パフォーマンスの境界を崩そうとしました。

この時点で、iSys Label社は、同社には適切な印刷ハードウェアプラットフォームがあるものの、印刷の実行を通して一貫してイメージ品質を維持する方法を把握する必要があると認識していました。

Harlequin RIP®では、カラーを管理し、in-RIPハーフトーンスクリーニングを適用することができるため、イメージ品質とトナー濃度を最初のラベルから最後のラベルまで一貫して維持するのに役立ちました。

ビデオを見る

LabelExpo 2015で撮影されたもので、iSys Label社の社長であるMark Hopkins氏がApex 1290デジタルラベルプリンタを紹介し、Harlequinのカラーマネジメントが品質の維持に不可欠である理由を説明しています。

Achieving the perfect label - video

isys2print-rip-colorpro-setup.png

iSys Label社にとって、魅力的な価格で優れたイメージ品質をデスクトップにもたらす新しい製品ラインを開発することは新たな挑戦でした(EDGE 850の小売り価格は2万米ドル未満です)。 時の流れとともに、iSys Labelは成長して世界中に顧客を抱えるようになり、新製品であるAPEX 1290を業界に提供しました。

EDGE 850とAPEX 1290はワンパス印刷が可能で仕上げが不要であり、カラーの一致が自動的に実施されるため、特に飲料業界で非常に大きな成功を収めました。 最小限のセットアップ時間で、優れた品質が実現されます。

業界分野

デジタルラベル印刷

課題

デスクトップラベル印刷の新しい市場を開拓するために、新しい画期的なトナーベースのラベルプリンタで正確なブランドカラーと一貫したカラー濃度を実現します。

Global Graphicsの製品

Harlequin® MultiRIP™

ソリューション

Global GraphicsのHarlequin RIP®は、印刷の実行を通して一貫したカラー濃度を実現するために必要とされる優れたカラー制御を提供し、最初のラベルと最後のラベルが同一であることを保証します。

edge850.jpg
You can take some competing products using toner based technology and compare them to our output and we are hands down a much better image. These competing solutions are not using Harlequin. Brand owners are trying to sell what they’re manufacturing and if the label doesn’t represent the quality of the product in the bottle or the packaging they won’t use your technology. We feel truly honored that more and more brands are taking our equipment and using it to represent their products.
Mark Hopkins
President, iSys Imaging Systems Group

EDGE 850トナーベースラベルプリンタ: 幅8.5インチ、月当たり3万ページ/月当たり3万フィートを印刷可能。

APEX 1290トナーベースラベルプリンタ: 幅12.9インチ、月当たり5万ページ以上/月当たり5万フィート以上、または月当たり10万~100万枚のラベルを印刷可能。