完璧な印刷とデジタルコミュニケーションの基盤となるソフトウェア

グローバルグラフィックスとローランド ディー.ジー.社が、 ライセンス契約に基づく戦略的ビジネス関係を構築

グローバルグラフィックス、2016/01/25

グローバルグラフィックス(Euronext: GLOG)は、業務用インクジェットプリンターを製造・販売するローランド ディー.ジー.株式会社とRIPエンジンに関するライセンス契約を締結し、同契約に基づく戦略的なビジネス関係を強化していくことで合意しましたのでお知らせいたします。

ローランド ディー.ジー.社は、この度、当社が開発するHarlequin RIP®を、同社プリンターの出力用ソフトウェアのRIPエンジンに採用することを決定し、当社とライセンス契約を締結いたしました。今後、当社とローランド ディー.ジー.社は、ライセンス契約に基づく戦略的な関係構築を推進し、相互の事業上のメリットを追求していく予定です。

契約締結にあたりローランド ディー.ジー.社の執行役員R&D本部長の貞木彰寛氏は、「ハイエンドの商業印刷分野で磨かれたHarlequin RIP®による正確かつ高速なパフォーマンスは、当社のお客様が出力したいと考えるデータの再現性向上や業務の生産性向上に貢献するものと確信しております。グローバルグラフィックス社は、優秀なエンジニアを多数抱えているばかりか、先進技術への惜しみない投資を継続的に行っており、お客様からのさらなる要望に対するソリューション提供力にも期待しております。中長期的な関係の中で、当社の開発・保守コストの削減や開発リードタイムの短縮にもご尽力いただけるものと考えています」と述べています。

一方、グローバルグラフィックス株式会社の代表取締役である萩原佳之は、「当社のカラーマネジメント技術を、ローランド ディー.ジー.社のお客様にご提供できることを嬉しく思います。インクジェットプリンターやプリント&カット機、カッティングマシンなど幅広いラインナップを展開する同社との戦略的協業を推進することは、当社の技術ポートフォリオを拡張し、カラーマネジメント技術をさらに進化させるものと確信しております」と、今後の連携強化に期待を示しています。

Harlequin RIP®は、市場で利用できる最高速のRIPソフトウェアの一つであると広く認知されており、業界をリードするデバイスの定格速度を超える速度でページを生成します。 カラーマネジメントやスクリーニングといった一連の強力な付加機能があり、プレスベンダーはこれらを選択的に統合できます。 Harlequin RIP®が日々増加するデジタル印刷機ソリューション用のRIP技術として急速に選択されるようになるにつれ、メーカーはHarlequin RIP®の確実で高速なページ出力に移行しています。

ローランド ディー.ジー.株式会社の詳細につきましては、下記をご参照ください。

http://www.rolanddg.co.jp/

Global Graphicsについて

Global Graphics (Euronext: GLOG)は、デジタル印刷、デジタルドキュメント、そしてPDFアプリケーション用のソフトウエアプラットフォームのリーディングデベロッパーです。 顧客には、HP、Quark、Canon、Delphax、Kodak 、Agfa等が含まれます。その原点は1986年のケンブリッジの伝統的な大学都市までさかのぼり、いまだに研究開発チームの母体はそこを拠点にしています。マサチューセッツ州のボストン近郊及び東京にもオフィスがあります。Global Graphicsに関する詳しい情報はhttp://www.globalgraphics.co.jpをご参照ください。

Global Graphicsは、Global Graphics Software Limitedの商標で、特定の法域で登録されている場合があります。また、Global GraphicsはGlobal Graphics S.E.の商標であり、特定の法域で登録されている場合があります。その他すべてのブランド名および製品名は、各所有者の登録商標または商標です。

お問い合わせ先

グローバルグラフィックス株式会社
〒100-0014 東京都千代田区
永田町2-17-17
アイオス永田町610
電話: 03-6273-3198
sales@globalgraphics.co.jp