完璧な印刷とデジタルコミュニケーションの基盤となるソフトウェア

HARLEQUIN RIPの新バージョン13

デュッセルドルフ(ドイツ)、2020/09/08

業界最速のRIPが、装飾、テキスタイル、段ボールなどの大きなサイズ出力用の新機能を追加 

2020年9月8日、英国ケンブリッジ:大きなサイズ出力を高速で処理するための自動タイリングや、画質を向上させるAdvanced Inkjet Screensの拡張を含む革新的な新機能が、Harlequin RIP®のメジャーリリースで開発者のGlobal Graphics Softwareにより本日発表されました。 Harlequin Host Renderer 13は、印刷サービスプロバイダーにおける生産性向上の機能面における基準を引き上げ、高性能デジタルフロントエンドで複数RIPをスケーリングするための新しいオプションをメーカーに提供します。

業界最速のRIPであるHarlequin Host Rendererのバージョン13で、自動タイリング機能が追加され、段ボール、ワイドフォーマットおよびグランドフォーマット、装飾、テキスタイル市場で使用される大きなサイズのPDF、TIFF™、およびJPEGファイルの処理速度を最大化します。 Harlequin 13では、これら大きなページ(その一部は最大200メートル/ 650フィートに達します)を自動的にタイリングして処理します。速度を上げてロードバランシングを改善するために複数のRIPに処理を分散します。

出力は連続的に印刷機にストリーミングできるので、印刷サービスプロバイダーは、印刷開始までにページ全体がRIP処理完了するのを待つ必要がありません。 この新機能は、非常に大きな出力を処理するデジタルフロントエンド(DFE)のRAM要件とコストを最小限に抑えます。

「新しいタイリング機能は特に高速デジタル印刷用です」とGlobal Graphics SoftwareのCTOであるMartin Baileyは述べます。 「自動タイリングは、複数のRIP間で出力を分割することにより、スループットを向上させます。 また、タイル処理時のピークメモリ使用量はページ全体を一括処理した時のピークメモリ使用量よりもはるかに少ないため、毎日または不定期に発生する大きなサイズのPDFページを処理するためのDFEコストを削減できます。

「速度はHarlequin開発の主要な焦点です。高速RIPにより、非常に高いデータレートを必要とする印刷機をエンジン定格速度で駆動できるようになり、デジタルフロントエンド(DFE)またはコントローラーの部品コストを低減できます。」

バージョン13では、次のような他の多くの機能も導入されています:

  • PDF、PostScript、EPS、TIFF、JPEGなどに加えて、ワイドフォーマットと装飾の一部分野で重要なファイル形式であるPNGファイルの直接印刷がサポートされました。一貫したカラーマネジメントとハーフトーンスクリーニングが、すべての入力形式に共通APIを通して設定可能になりました。
  • 印刷サイズが指定されていないTIFF、JPEG、PNGなどの画像ファイル形式からの出力では、サイズを設定するための拡張制御が提供されました。
  • Advanced Inkjet Screens(AIS)が拡張されOpalスクリーンが追加されました。 比較的高い解像度で吸収性素材にインクジェット印刷する場合の、特にアーティファクトの軽減で優れています。 AISは、インクジェットで印刷できるジョブの裾野を広げ、より安価な媒体の使用を可能にします。
  • 比較的大規模なDFEに対する拡張サポートを提供しました。単一のRIPインスタンスから、同一サーバー上で複数のRIP、さらには複数サーバー上の複数RIPまでスケーラブルに対応できるようになりました。

Harlequin Host Renderer(HHR)はコンポーネントとして、または並列処理パイプラインとともにHarlequin Directとしてパッケージ化されて提供されるため、OEMは高度に洗練され高品質なDFEを構築でき、かつ市場投入し収益を上げられるまでの期間を可能な限り短縮することができます。

これは、ローランドディー.ジー.株式会社、Durst、HP Indigo、HP PageWideなどのベンダーが提供する業界最高の性能を発揮するデジタル印刷機の中心で使用されている印刷エンジンであり、全製品にパワーを提供しています。

Durst Professional ServicesのビジネスデベロッパーであるMichael Deflorian氏は、次のように述べています。 「スクリーニング能力を含めHHRは、”pixel-to-output戦略”の一環として印刷機のベストを引き出すという私たちの約束における主要な技術の1つです。」 業界を先導する品質と性能という同じビジョンをGlobal Graphicsと共有しています。 私たちは、利用可能な最高のテクノロジーをお客様に提供するために、Global Graphicsチームと緊密に連携しています。

ローランドディー.ジー.株式会社のVersaWorks 6 RIPソフトウェアは、印刷機と印刷機/カッターの現在のすべてのモデルで採用しています。 ローランドディー.ジー.株式会社DP事業部の開発2部長である池村基弘氏は、次のように述べています。「Global Graphicsと弊社エンジニアリングチームの協業によりHarlequinエンジンを弊社RIPソフトウェアにわずか6か月で統合できました。 その性能は卓越しており、PDFとPostScriptをネイティブに処理するためファイルを簡単に処理できます。 PDF 2.0のサポートは、弊社ワークフローの将来を保証するための重要な要素でもありました」。 「お客様の仕事で透明がますます使用されるようになったため、Harlequinの透明をネイティブに処理する能力により、生産性が向上し、無駄なメディアが削減されました。 VersaWorks 6では、重要で新しい「ジョブアシスタント」機能を最近追加しました。この機能を使用すると、デザインソフトウェアまで戻ることなく、PDFデザインデータのカット輪郭線を自動的に追加できます。」

HYBRID SoftwareのCTOであるNick De Roeck氏は、次のように述べています。 「Harlequin Host Rendererは5年以上に渡りCLOUDFLOW RIPで使用されております。HYBRIDは、デジタル印刷と従来印刷の両方で、パッケージとラベル市場に焦点を明確に当てています。 HHRは、堅牢なHHR製品の上にパッケージングのノウハウを追加する柔軟性を与えてくれました。 製品の継続的な革新に非常に興奮しています。このバージョン13では、必要なハードウェアリソースの量を削減しながら、パッケージファイルのRIP処理をさらに高速化できるので、お客様には大きなメリットがあります。」 HYBRIDは、次期CLOUDFLOWリリース20.10にバージョン13を搭載します。

Delphax SolutionsのCEOであるRichard Lee氏は、次のように述べています。「Harlequin RIPプラットフォームは、最初のリリース以来、Elanで使用しています。 主にその品質と性能により採用しました。 以来、RIP性能はさらに向上し、機能が豊富になり、高性能デバイスの駆動に必要となる関連ハードウェアコストの削減に貢献しています。 Global Graphicsのチーム全体が提供するサポートにより、今日のさらには将来に渡る高速インクジェットデジタルプロダクション印刷機の重要箇所にHarlequinプラットフォームだけでなく、Global Graphicsチームの両方を活用するという決定が異論なく承認されました。 」

Harlequin Host Rendererは、32ビットおよび64ビットのMicrosoft Windows、64ビットLinuxおよびMac OSでサポートされています。

こちらから最新の製品パンフレットをダウンロードしてくださいhttps://www.globalgraphics.co.jp/products/harlequin

Global Graphics Softwareについて

Global Graphics Software (http://www.globalgraphics.com)は、Harlequin RIP®、ScreenPro、Fundamentals、Makoなどデジタル印刷用プラットフォームの業界を先導する開発者です。 お客様には、HP, キヤノン, Durst, ローランドディー.ジー.株式会社,  Kodak と Agfaが含まれます。 英国ケンブリッジに1986 年に創設され、現在でもR&D チームの大多数は有名な大学街の近くにあります。 Global Graphics Softwareは、Global Graphics PLC(Euronext:GLOG)の子会社です。

Global Graphics、Harlequin、Harlequinロゴ、Harlequin RIPは、特定の法域で登録されているGlobal Graphics Software Limitedの商標です。 Global GraphicsはGlobal Graphics PLCの商標であり、特定の法域で登録されている場合があります。 PostScriptはAdobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標であり、特定の法域で登録されている場合があります。 その他すべてのブランド名および製品名は、それぞれの所有者の登録商標または商標です。

連絡先:

グローバルグラフィックス株式会社

info@globalgraphics.co.jp

電話: 03-6273-3198