Global Graphics Software
デジタル印刷のための革新的なコアテクノロジ

Mako JawsRIP

Mako Jaws RIPは、Makoに優れたレンダリング機能を提供する、⾼速でコンパクトなPDFおよびPostScript® RIPカーネルです。カラーマネジメントモジュール(CMM)と完全に統合された⼤規模なAPIにより、Makoを使用する開発者はレンダリング、スクリーニング、およびカラー変換機能に簡単にアクセスできます。

この基盤となっているテクノロジが、Global GraphicsのJaws PDFおよびPostScript® RIP SDKです。世界で500万件を超える導入実績を誇るJawsは、オープンで拡張性の高いアーキテクチャを採用しており、幅広いアプリケーションの基盤として使用できます。また、さまざまなイメージングテクノロジやパフォーマンス要件に対応し、PostScriptおよびPDF標準にも優れたコンプライアンスを実現します。

Jaws RIPは、Onyxのような⼀流企業によって広く導⼊されていて、ワイドフォーマットプリンタ、⾼速ラベルプリンタ、⾼速プロダクション印刷機を駆動しています。テキスタイル、セラミック、シルクスクリーン印刷などの特殊⽤途にも適しています。

2000年以来、500万本以上のJaws RIPが世界中のユーザーに出荷されています。

完全並列処理

Mako Jaws RIPは、最新の64ビットシステムの完全なリソース(メモリ、コア)を利用して、最大16ページ(PDF)または16ジョブ(PostScriptまたはPDF)を並列処理できます。開発者は、メモリとコアのデフォルトの割り当てを使用したり、独自に設定したりして、次のようなMako Jaws RIPの機能を利用できます。

  • 複数のジョブを同時に印刷
  • PDFの複数ページを一度に印刷
  • 透過ブレンドのためのスレッド処理
  • イメージ変換のためのスレッド処理
  • 1枚のページの複数のバンドを一度に印刷
透過ブレンドの最適化

Mako Jaws RIPはあらゆる機会を利用して、複数のコアで複数のスレッドを使用し、透過ブレンドを促進します。その結果、最新の高速デバイスでリソース使用率が向上し、出力が高速化します。

動的メモリ割り当て

Mako Jaws RIPは、メモリ管理が再作成され、64ビットアドレッシングのサポートに加えて、システムメモリ全体に基づいた動的メモリ割り当てを行えるようになりました。これにより、多くのユースケースに適したデフォルトのメモリ割り当てが可能になり、カスタマイズを減らしてパフォーマンスを向上させることができます。

透過のサポートの向上

Mako Jaws RIPは、動的な透過タイルサイズと16ビットブレンドのサポートにより、高速で正確な透過レンダリングの課題に対応します。

すべてのプラットフォームで大判キャンバスに対応

大判キャンバスの上限は31ビット、すなわち2ギガピクセルまたは600 dpiの56マイルです。

大容量ファイルのサポート

2 GBを超えるファイルがサポートされます。

フォントエミュレーション(「Fauxing」)

Mako Jaws RIPは、PDFファイル内のフォント記述子辞書を使用して、StreamSansMMまたはStreamSerifMMマルチマスターフォントのいずれかから不明なフォントへの近似を合成します。

品質保証

例えば、European Color Initiative (eci.org)のAltona Test SuiteやGhent Workgroup (gwg.org)のGhent Output Suiteなど、業界標準のサンプルを正確にレンダリングすることで、Mako Jaws RIPを使用して高品質の結果を得ることができます。

Mako RIP Blade

Mako Jaws RIPテクノロジは、Mako RIPの「ブレード」から利用できます。このテクノロジは、ハーフトーンまたは誤差拡散スクリーニングが可能な高解像度ラスタへの、フルカラー管理、マルチスレッド、8 bppおよび16 bppレンダリングを提供します。Makoソリューションは、さまざまなAPIセットを介してアクセスでき、ページのインポジションやページコンテンツの追加と変更など、単一のプロセスとしてレンダリングする前にPDFを事前処理するように構築できます。

#

Internal structure and connection to OEM code

お客様との連携
すべての顧客製品をユニークに

Global Graphicsは単なるRIPサプライヤではありません。お客様の目標を達成するためには、密接な開発パートナーシップが欠かせません。当社はプランニング前の早い段階からお客様と連携し、お客様の環境でのパフォーマンスの最適化を目指します。印刷機の市場投入にサポートが必要な場合や、市場導入の障壁となる技術的な問題がある場合は、Global Graphicsの専任エキスパートが問題解決のお手伝いをします。Graphicsのテクニカルサービスチームについては、こちらをご覧ください。お客様からのサポートが当社にとって重要となるため、当社のサポートチームをお客様のチームと密接に統合し、特定のユースケースに合わせてRIPを微調整します。